しみの種類|しみ治療を検討している方へ知ってほしい基礎知識

しみの種類を知ってあなたに最適なしみ治療を行いましょう

ロゴ

しみの種類

ウーマン

老人性色素斑

しみの種類の中でも多くの人にみられるしみがこの老人性色素斑です。10代から出始める方もいますが、ほとんどの場合は30代以降に目立ち始めます。この老人性色素斑は、紫外線が大きな原因です。紫外線で表皮細胞が傷つくことでメラニンが増加し、目に見えるしみになってしまいます。

雀卵斑

雀卵斑は、通称そばかすといわれているしみの種類です。歳をとってからではなく、若い時期に目立つしみです。一般的には、歳をとるごとに目立たなくなります。そばかすも東京のクリニックで治療することが可能です。レーザー治療がそばかす改善の代表的なしみ治療になります。

肝斑

頬の上部に発生するしみのことを肝斑といいます。30代から発生する確率が高くなり色は黄褐色です。明確な原因は解明されていません。女性にとっては化粧で隠すことも難しいため悩みのタネとなる肝斑ですがクリニックで治療することが可能です。レーザーやケミカルピーリングといった治療方法があります。

あなたのしみの種類を知ろう

しみにはここで紹介した以上の種類があり、原因や治療方法も変わります。まずは、自分のしみの種類を知ることから始めましょう。一番手っ取り早い方法は、クリニックへ相談に行くことです。